Godox AD360II-NとX1N(Transmitter) Part-3(Firmware編)

2016年02月17日 投稿

AD360II-NとX1NのFirmware updateが公開されており、私の使用環境で関係する内容も含まれていたので最新バージョンにアップデートしました。
尚、公開サイトは中文のみでアップデートの内容も中文のみ。
せめて英文で記載してくれれば理解できるのに中文だと解読不能の内容があります。

公開サイトのURLとアップデート方法が変更になっていますこちらからどうぞ(2016年8月16日追記)

firmwareの書換(update)途中でUSBケーブルを外したりPCをシャットダウンしたりすると最悪の場合に機器が動作しなくなる可能性があります、自己責任で慎重に行うことを強くお勧めします。

以下のアップデート内容は私の解釈で内容に誤りがあるかもしれません。
1. アップデートの内容
1-1. X1N(Transmitter) 最新バージョンV12までのアップデート

不具合を修正
①Multi mode でシャッター速度が1秒以上の時に発光しないことがある
②Godox XTR16/16S(2.4G)、Godox AD360を組合わせて使った時に出力を調整できなくなる
③幾つかの型式のカメラでフラッシュがリークする
④Nikon D80とD90でシャッター速度1/250で同期しない
⑤Nikon SBシリーズのストロボが発光しない
⑥Nikon D750またはD610のFP発光(HSS)で画像に黒い帯が現れる

追加機能または変更
⑦X1NのAF補助光を無効にできる(Fn-6 設定を 0)
⑧M mode または Multi mode で最小出力を1/250まで下げられる(Fn-5 設定を 1にする)
⑨無線チャンネルch8/9/12/15/18/21/24/27/30の周波数を変更、旧バージョンの機器との互換性は無い(通信できない)

※2016年4月15日付けでV15にアップデートされています(2016年4月23日追記)

 

1-2. AD360IIN 最新バージョンV2.3までのアップデート

不具合を修正
⑩無線(2.4G)モード時Timesの問題(訳注:Timesが何を示しているのか分からない)
⑪幾つかの型式のカメラで画像に明るい端が現れる
追加機能または変更
⑫無線チャンネルch8/9/12/15/18/21/24/27/30の周波数を変更、旧バージョンの機器との互換性は無い(通信できない)

※V2.4.1にアップデートされています(X1T-S SONY対応、2016年4月23日追記)

2. アップデート後の確認
AD360II-NをV2からV2.3に、X1N(T)をV8とV11からV12にアップデート後に無線マスターとスレーブモードで機能を確認してみました。
対象機器を所有していない、又は不具合を再現できないので確認できたのは、上記の⑦、⑧、⑨、⑫でした。

⑦X1N(T)のAF補助光は側面のスイッチでon/offできるので、設定で無効にする意味がないようだが、機能した
⑧X1N(T)は光量出力を1/128-0.3、1/128-0.7、1/128-(1/256の意味?)と変えられるが、AD360IIの表示と光量出力は変わらず、
X1N(S)に接続したストロボの光量が変わるのか?(不明)
⑨⑫AD360II-Nをアップデートすることにより全通信チャンネルが使えるようになった

3. アップデートの方法

3-1. 動作環境

OSはWindows XP(32/64bit)およびWindows 7(32/64bit)でJava7がインストールされていること。

Windows 8 や10は公式にはサポートされていないようです。

Java7がインストールされていない場合はupdateアプリのインストール途中でインストールされる。

ハード的にはMicro USBケーブルが必要、尚Godox USBドライバはupdateアプリのインストール途中でインストールされる。

3-2. 事前準備

Godoxのサイトより対象のupdateアプリをダウンロードする。

圧縮ファイル(拡張子manとrar )なので解凍しておく(Windows 7の場合は右クリック→解凍)。

3-3. X1N(T) のupdate 実行例 (OSはWindows 7)

①X1N(T)のfirmwareバージョンの確認はMODEボタンを押したままPower onするとLCDにU-XXと表示される

②解凍したファイルx1nt.exeを管理者権限で実行し(Windows7の場合は右クリック→管理者で実行)updateアプリX1NT_V12をインストールする

④X1NT_V12をインストールしている画面(サンプリング)

20160217-1-1

20160217-1-2

20160217-1-3

20160217-1-4

20160217-1-5

既にPCにはJava8がインストールしてあったのでJava7はインストールされなかった

20160217-1-6

 

⑤X1NT_V12を実行する

●アップデートする場合は必ずX1N(T)のPowerをoffにしておく

●X1N(T)とPCをMicro USBケーブルで接続する

●Godox USBドライバが正常にインストールされていれば、ディバイスマネージャにGodox USB Divices表示される

認識されない場合はMicro USBケーブルを抜き差しするか、ドライバーを再インストールする

尚、ドライバーファイルは c:/X1NT/Driver フォルダーにある

20160217-1-7

●STARTでupdate開始
20160217-1-8
●update完了

Upgrade done successが表示され完了したらExitでアプリ終了

エラーとなった場合は再スタートする
20160217-1-9
firmwarenのupdateは数十秒で完了した。

 

3-4. AD360II のupdate 実行例 (OSはWindows 7)

●同様の手順でAD360IINもupdateした(インストール画面は中文表記のままなのか文字化けしたが、解凍エラーが無いので、そのまま続行)

●AD360IIのfirmwareバージョン確認はZm/C.Fnボタンを 2 秒押しするとLCD画面の右上にVer X.X と表示される

●アップデートする場合は必ずAD360IINとPB960の接続ケーブルを外し単体にしておく

20160217-1-10●AD360II-Nを実行

Upgrade done successが表示され完了したらExitでアプリ終了

AD360II-NのLCDがバックライト点灯のままとなるが、USBケーブルを外した

エラーとなった場合は再スタートする

20160217-1-11

バージョン確認の例、LCDの右上にバージョンが表示される
20160217-1-12

firmwareの書換(update)途中でUSBケーブルを外したりPCをシャットダウンしたりすると最悪の場合に機器が動作しなくなる可能性があります、自己責任で慎重に行うことを強くお勧めします。

↓