DELL Precision T7500でシステムを再構築 Part-3

2015年09月18日 投稿

(7) Xeon X5680 2基のシステム
Processor 1基目
20150918-3-1

Processor 2基目
20150918-3-2 デイバイスマネージャーで見るとCPUが24個並ぶのは壮観。
20150918-3-3

(8) Windows7 エクスペリエンスの結果
20150918-3-4

グラボのスコアが7.7だったのが最新のdriverにしたら7.6に下がってしまった。

Windows エクスペリエンスの評価に時々首を傾げることもあるが、中の人がこちらのblogに書かれています。
「Windows エクスペリエンス インデックス」のエンジニアリング

 

(9) CINEBENCHの結果

種々のベンチマークを試みたがあまり一般的でないのでCINEBENCHの結果のみ。
グラボとCPUマルチスレッドのベンチマーク。
茶色が本システムで、CPU(マルチスレッド)の結果。
20150918-3-5
グラボ(OpenGL)の結果。
20150918-3-6

(10) 消費電力
大飯食らいのXeonを2基も積んでいるので消費電力が気になるところであるが、ディスクトップを表示してアプリを起動しない状態では180W程度。
負荷の重いベンチを走らせると300~400W程度。
普段メールやネットを見るのに使っているDELL OptiPlex960は80W程度なので・・中飯食らいではあるのは確か。
20150918-3-7
また、予期せぬ停電対策に1000VAのUPSを設置して万全を図ってる。
20150918-3-8

(11) 簡単なまとめ
DELL Precision T7500でシステムを構築し快適な環境となった。
例えばCapture NX2でRAWファイルを開いたときに以前のT3400のシステムではCPU負荷が僅かの時間ではあるが100%となるが、このT7500システムでは負荷の重いオペレーションをしても殆どの場合30%を超えることが無い。
OSをWindows10にしなかったのはWindows7で問題なく動いているアプリやディバイスの対応状況が不明なのと、巷で言われているWindows10の10秒ルール(Googleおじさんに聞くと、色々出てきます)とかWindows10にアップデート後にWindows7にロールバックしようと思ったら出来ないとかでリスク多過ぎのため。
Windows7で機能的には問題無いし、延長サポート(セキュリティ更新とプログラムサポート)が2020年1月まで継続されるのでギギリギまで使い倒します。
その頃にはWorkStationも入替えとなるでしょう。

2 comments for “DELL Precision T7500でシステムを再構築 Part-3

Comments are closed.

↓