清水彩香さん リクエスト撮影 Part-4

2016年02月25日 投稿

Part-4はBBSミーティングで事前検討し、ちばっちさんに金ペラのシートとKazuさんにスワロフスキーのチェーンを持参していただきセッティング。

Part-1からPart-4の結果を通してみると、同じモデルさんでも衣装、メイク、ライティング、現像・レタッチでこうも仕上がりが違うかと改めて実感しました。
反省点は次の機会にフォローアップ、そして次回は屋外でキッチリとライティングを組んで一家ストロビスト集合を是非とも実現したい。

4-1

20160221-4-1

 

4-2

20160221-4-2

4-3

20160221-4-3

4-4

20160221-4-4

4-5

20160221-4-5

4-6

20160221-4-6

Part-1からPart-4完結
Ayaka Shimizu, Tokyo B-image Photo Session on 21st February 2016.

Camera : Nikon D3X
Lense : Nikon AF-S NIKKOR 85mm f/1.4G, Nikon AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED,
Nikon Ai AF DC-Nikkor 105mm f/2D, Siguma 50mm F1.4 DG HSM Art

Strobo : Profoto Pro6 x 2 and Pro7

RAW Development & Post process :
Nikon Captuer NX2 2.4.7 plug-in Nik Color Efex Pro 3.0.0.4 Complete.

 

6 comments for “清水彩香さん リクエスト撮影 Part-4

  1. 2016-02-25 at 21:32

    1枚目前後のボケが綺麗に出てて素敵です~!!
    特に左手の大粒では連結部のリングまでも綺麗なボケでなるほど~と唸っちゃいました。これは105mmでしたでしょうか?
    背景も締めすぎずボカシ過ぎずで絶妙な味です~!!
    ここのボケの作り方はカメラマンの趣向が如実に表れていて拝見していて楽しいです~!!
    3枚目の誘うかのような表情にうっとりです~(@_@)
    5,6枚目もシンプルライティングの良さがきっちり出ていてカッケーです~!!

    「本祭」の神牛5発撃ちロケの後の「後夜祭」はまた揃って白ホリやりたいですね~・・・気が早すぎ(^^ゞ

    • 2016-02-26 at 17:15

      Kazuさん

      お察しの通り105mmです。
      試し撮りでNDを入れたんですが、金のキラキラ感が出ないのでND無し、ボケコントロール無しで撮りました。
      3枚目、撮っていて一瞬ドキッとしましが逃さず撮れて嬉しいです。

  2. ちばっち
    2016-02-26 at 10:33

    前ボケの点光源が豪華な描写ですぅそして背景右の点光源も綺麗ですぅ
    金ペラは少し寄りを作った方がぃぃのかもですねぇ
    そしてやっぱり 100mm 以上の望遠で撮るのが美しいですぅ
    3枚目はぁ何で華さんだけはだけて巨乳なの事件ですねぇ僕のは胸のシワでしたぁ
    次回のお祭りにはぁ皆んなで意見を持ち寄って更なる進化撮りで行きたいですねぇ

    • 2016-02-26 at 17:17

      ちばっちさん

      金ペラは大きめの凹凸を作って長玉で撮るほうがいいかもしれませんね。

      3枚目、このセッティングが例の『ちばっちさんのシワシワ事件』でしたか!
      あれ~、皆さんも巨乳ショットを仕舞い込まないでアップしてくださいよ~(笑)
      次回に向けてプランニングを進めましょう。

  3. さんちぇ
    2016-02-26 at 21:27

    金バックのシーンこそ4人4様ですねー。
    玉ボケの大きさや背景の明るさが皆さんそれぞれの表現で面白いです。
    ちなみにこの時は華さんの後が私の順番だったので、彩香って私も巨乳ショットをゲットしましたーw

    変態だけど、エロくないセクシーを求める真摯な4人ですからぁ、こういう画も大事に切り取っていきたいですー。

    • 2016-02-26 at 23:09

      さんちぇさん

      確かにこのセットはカメラマンの撮りかたの違いが分かり易いですね。
      しまった!自分だけラッキーかと思ってましたが・・さんちぇさんもご馳走に与ったですね(笑)
      これに限らず、モデルさんとカメラマンのお互いがリスペクトしなければ良い作品は仕上がらないと思います。

Comments are closed.

↓